界面活性剤とは

サイトマップ

大人にきびの原因と予防TOP > 界面活性剤とは

界面活性剤とは

界面活性剤とは水と油のように本来混ざり合わないものの表面の性質を 変えて混じり合わせる(乳化)もので、 私たちの身近なところでは食器用洗剤や洗濯洗剤、化粧品、クレンジングフォーム・シャンプーなど 脂汚れを取る洗浄剤として幅広く使われています。


この界面活性剤には、天然界面活性剤と合成界面活性剤があり、 石油が原料として用いられる合成界面活性剤が肌に悪影響を及ぼす主な原因とされております。


この界面活性剤の洗浄能力の強さが、化粧品の脂汚れだけでなく、肌バリアーまで破壊してしまい それにより特に皮膚の弱い敏感肌の方は、肌荒れなどの影響が出てやすくなってしまいます。
食器用洗剤で肌荒れする方なんかは、手袋などを着用して食器を洗っていると思いますが、 これは合成界面活性剤が肌荒れの主な原因です。

勿論、お肌のトラブルも多くの場合は洗顔やシャンプー、石鹸、ボディーソープに入っている界面活性剤が原因と考えられますので、大人にきびや敏感肌に悩まされている方は、日々のスキンケアも見直す必要があります。


合成界面活性剤は皮膚から極微量ながらも体内に吸収されますので、それが、毎日毎日数年に渡って積み重ねて蓄積され 若い時は、新陳代謝が活発な為表立って影響を感じることは少ないですが、 成長期を過ぎある程度の年齢になり、成長ホルモンの分泌が徐々に弱くなってくると 肌の弱い方は特にその影響が肌表面に現れてきます。


少し難しい話になってしまいましたが…
この界面活性剤は環境への影響について水質汚染につながることが指摘されています。 河川へ投入されて生物が死滅するようなものは、出来るだけ使わないようにした方が良いですよね。
単純な発想ですが、同じ理屈で
化学肥料漬けで虫も食べないような野菜は本当に体に良いのでしょうか…
少し話はそれましたが、
毎日、直接肌に使用するシャンプーや石鹸、洗顔フォームは、 低刺激の体に優しいものでケアし、健康で正常な肌環境を整える為のスキンケアが大切です。